開倫塾の「受験ゼミ」って?


開倫塾の「受験ゼミ」って?


土曜ゼミナール


日曜ゼミナール


2つ合わせることで


「開倫塾の受験ゼミ」が


絶大な効果を発揮します。




入試について

こんな勘違いを

していませんか・・・?


 日本全国、すべての都道府県で「公立高校」の入試の出題範囲は、「中学校3年間の教科書」です。そう聞くと多くの方は「じゃあ、教科書の内容をしっかり勉強しておけば、公立高校入試では100点が取れる!」と、そう思いますよね?

当然です。

しかし!!!

下の問題をご覧ください。


 学校の教科書をしっかりと勉強した人の大多数は、この問題が解けるのでしょうか?実際の入試では、この問題を解くのにあなたに与えられる時間は5分~10分です。実際、何年生の教科書のどの単元を復習すればこのような問題が「短時間でに正確に」正解できるようになるのでしょうか?


入試問題の仕組みとは

 

実際の公立高校の入試問題では、

①「基礎基本を確認するための問題」

②「標準的な教科書レベルの文章題・応用問題」

③「教科書のレベルを超えた発展問題・いろいろな単元の複合問題」

というような、3つの種類の問題が出題されます。(①②③の点数の割合は都道府県によって異なります。)もちろん、第1問→第2問→・・・と、問題が進むにつれて、①→②→③と、レベルも上がってきます。①と②の問題は、「学校の教科書の内容をしっかりと身につけておくこと」「ミスをしないこと」の2つがしっかりとできていればほぼ100%正解できます。(この時点で入試問題の6割~7割は正解となります。偏差値に換算すれば55~60のラインです。)

 しかし、現実的には悲しいことですが、この「ミスをしないこと」という項目が全くと言っていいほどできておりません。実際の入試において、信じられないようなミスをして涙をのんでいる受験生が毎年たくさんいます。「自己採点では390点だったのに」「家に帰って落ち着いてやり直したらできた」高校入試終了後に、このような声を聞くたびに「もっとやらせておけば」と、無力さを痛感してしまいます。


入試や模試で点数が

伸びない理由とは


 中間テストや期末テストでは、高得点が取れるのに、模擬テストになるとなかなか点数が伸びない、という声をよく聞きます。「模試の範囲は定期テストよりも広いので、短期間で高得点というのは難しいのでは?」と、思われたかもしれません。

 しかし、考えてみてください。最も範囲が広いのは「入試」です。中学校3年間の全範囲ですから。「範囲が広くなると、点数が伸びなくなる。」というのは、単純に「昔のことを忘れている」または、「そもそも覚えていない」=インプットしていない!ということです。実はそれだけではありません!学校の定期テストと、模試や入試の問題は、出題形式が圧倒的に違うのです。


下の問題をご覧ください。


 外国人の友達からもらったメールに対して、あなたの意見とその理由を30~50の単語を使って書くという問題です。もちろん、普段から英語で手紙やメールを書いている方なら、こんな問題1~2分で即終了ですが、一体そのような受験生は何人いるのでしょうか?


 入試問題を解くには、基礎基本の習得はもちろん必要です。しかし、それだけではどんなに頑張っても6割~7割までが限界なのです。そこから先の世界に突入するには、また、ミスをしないで確実に得点するには・・・?実際に入試問題を解くための訓練=アウトプットの訓練が必要不可欠なのです!


中1~中3の全範囲の

最重要項目の復習と

応用問題演習で

入試問題の解き方を

インプット!

そして

アウトプット!


「土日ゼミ」の

お問い合わせは

今すぐ!ご気軽に!ご連絡ください。

0120-066-555


ネットからも出来ます!

◆お問い合わせ◆